FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル

運動会の記事の前

時間的には、戻りますが、

書いておきたかったことを書きます。





先週の23日に練習試合に行きましたが、

その日の内容について、その夜、Mルと話しをしました。

とてもくやしそうな話ぶりでした。

M:「監督は、声をよく出している人から使うよって言ったのに、

今日もあんまり使ってくれなかった」と。

母:「声はちゃんと出してたの?」

M:「ちゃんと出してたよ!」

私は、どう答えてあげようか悩みました。





皆さんなら、どう答えますか?











少し考えて、

母:「声を出しているつもりでも、それが監督に届いてないということは

やっぱり、声は出ていないんじゃないかな」

と答えました。

厳しい答えでしょうか・・・・・・

「そうね、大きな声を出してたのに、使ってもらえなかったんだね。

残念だったね」と同調する親もいるでしょうか。

そして、

M:「レシーブがちゃんとセッターに返らなかったりサーブミスをしたら、

私はすぐに代えられてしまうのに、どうして、同じミスをする他の

レギュラーの人は、代えられないの?」

母:「そこが、レギュラーと補欠の違いじゃない?」と。

Mルにとっては、Sズがレギュラーであることは認めているものの

5年生であるという同じ年齢という立場に違いはないはず、

と矛盾を感じているようです。

私から見れば、動きやレシーブ力を見ると、

劣っているように見えるので、その違いじゃないかと言いました。

ところが、

「Sズは、レギュラーで試合もたくさん出ているし、

試合形式で6人で入るときも、たくさん練習をさせてもらっているし、

いろんなパターンに出会っているでしょ。

Mルはたまにしか出ないから、緊張してしまうと

いつもの力が出せないし、いろんなことに出会う前に終わってるもん」

母:「じゃ、技術的な面ではSズに勝てないなら、他にSズに勝てるところを

伸ばしていこうよ。MルはSズに勝てるのは、何だと思う?」

しばらく考えたのち、

Mル:「声を出すことなら、Sズに勝てるかも」と言うので

母:「声だったら勝てる、声なら自身が持てるように、がんばってみようね」

約束しました。

そして、悔し泣きしていたMルも安心した様子でした。





そんな約束をしたあとの、火曜日の練習の後の帰り、

Mル:「今日ね、サーブ練習のとき、監督が(Mルの声以外が聞こえないよ)って

言ってくれたよ」と、

うれしそうに報告してくれました。

私が練習を見に行った直後は、声だしについて

みんな監督に指導されている最中だったんですけどね・・・・・・



Mル、だ、だいじょうぶ?


二人しかいない5年生。

お互いに仲間であり、ライバルです。

Sズが同じように声だしに力を入れると、5年生が盛り上がり、

6年生も盛り上がり、

チーム全体がよくなっていくと思います。

そうなって欲しい。



クリックすることで、このブログの評価が得られます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

どろっぷすについて
プロフィール
平成22年度、育成会長を務めさせていただきます。 ご協力よろしくお願いします。

kaicho2010

Author:kaicho2010
思わず「私がしましょうか?」と会長を引き受けてしまいました。
1年間、がんばっていけるように記録します。

QRコード
携帯からもチェックできます
QR
最新記事
カテゴリ
ブログ評価
クリックすることで、このブログの評価が得られます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。